日報

もしくは遺書

10/1(月) 超晴天・真夏日 日本の社会が嫌い

アルバイト8時から17時、今日は奈緒と一緒なので、一緒に家を出た。
昨日の台風の影響で街は荒れ果てている。
千切れた電線、倒れた看板、散乱するゴミ箱、めちゃくちゃだ。すごかった。夜中ぐっすり眠ったけど、そんなにひどい嵐だったとは。
電車は少しだけ遅れていて、ものすごい満員電車だった。押し潰されそうになった。
やっとの思いで新宿に到着。
昨日の夜テレビにアミルが歩いてるとこがたまたま映ってた話をしたら、アミルは笑ってた。
遠藤さんは昨日、JRの運行が止まるので19時半くらいに帰ってもいいですかと言って帰ったらしい。
その際にダレルも便乗して帰ったので、店長とオーナーだけが残ったらしい。
店長は朝の8時までいた。そして、一旦帰って、13時にまた来た。
大丈夫かよ、と思う。でも、雇用形態の話に口出しはできないので、俺には何もできない。何もできないので、心配しても仕方がない。心配しても仕方がないけど、複雑な気持ちになってしまう。
だめだ。距離を取りたい。
今更な話ではあるけど、こういったことを目の当たりにする度にバイトやめたくなる。自分の力で稼いで、自立して、どうしようもないことから距離を取りたい。

昨日と比べて、MP少なめだ。錆び付いていて、なめらかでない。
やっぱり、疲れは溜まっていく。
無数に現れるムカつく客への、瞬発的な怒りと憎しみ、負のループが内側で渦巻く。
なんだか、年をとるにつれ、こういう感情が耐えられないものになっていく気がするな。もはや「若さ」では片付かなくなってきているというか。
昼頃に、我慢できなくなってモンスターを飲んだ。少し明るい気持ちになった。また手を出してしまった。
モンスターは、迂闊に手を出すとやめれなくなる。確実に依存性がある。毎日飲んでいると、水では満たされない渇きが生じる。

台湾のお土産を、イッチーとウーに渡した。渡せてよかった。
台湾は本当にいい国なので、みんなにおすすめしたくなる。
ウーが店長にめっちゃ怒られていて、心苦しい。
ウーはいい奴だけど、あまり要領がよくない。店長は店長でストレスが溜まっている。

宅録を本格的に始めようと思い立ち、電車の中や休憩時間にちょこちょこと情報収集をする。
奈緒MacbookでLogicをインストールすることに決めた。
そのことを考えると、わくわくしてくる。
「消費」以外でやりたいことがあるっていうのは、なんて幸せなことなんだろう。
夢中になりたい。
好きなことに夢中になって、時を駆け抜けて、死にたい。ただそれだけ。
これからは必要なものにちゃんと金をかけようと思う。
今まで何をやってもパッとしなかったのは、そういうとこだろうな。
金を払うのは嫌いだけど、何が最低限必要なのかはしっかり見極めないと、いつまで経っても何も始まらない。今からでも遅くはない。
覚悟がないまま、なんとなく保留にしていることが、多すぎるような気がする。
俺は、頑張りたいんだ、もっと。
家に帰ってから、PC内に入っているデータを外付けHDDに移動する作業を始めて、今もまだそれが続いている。
これが終わって、PCが軽くなったら、明日はLogicを買うぞ。

最近、「旅する音楽家」というビジョンが頭の中にある。
Macbookを持って世界中を旅する、移動しながらいい音楽をつくり、それを絶えず発信し続ける。
具体的なアイデアはまだない。どうすれば実現するかは全くわからない。
ただ、思い浮かべるとすごくわくわくする。とても良い。
移動することで細胞は活性化する。
それは、人類がまだ土地を持たず、狩猟採集生活を送っていた頃の名残だ。
「旅」と「音楽」を上手く結びつけたい。
音楽は国境を超えなければならない。
それは世界に届く音楽性、ではなく、ただ、「表現をする」という態度は無国籍でなければならない。
現実的な空間や、距離、閉じたコミュニティー、どっかの誰かの土地と資本に縛られない、独自の経済圏をつくって、そこで生き延びたい。
全然煮詰まってないし、勉強不足なので言語化が難しいけど、とにかくそのようなことを最近考えている。
ようするに、俺は日本の社会が嫌いらしい。