日報

もしくは遺書

10/9(火) 晴れ 太陽の光を浴びるとセロトニンが出ます

アラームを使わずに、自然と目覚めた時間に起きた。朝8時半。疲労が残っていて、二度寝しそうになったけど、なんとか耐えた。
読書をし、洗濯物を回し、掃除機をかけた。いい天気。カーテン越しの光が清々しい。
昨日の残りの炊き込みご飯、納豆、林檎を食べる。

横須賀にある無人島の「猿島」に行こうということになっていたので、10時半頃に家を出る。
電車の中で、睡眠についての調べもの。やはり、セロトニンとかメラトニンとかの、脳内物質の話になってくる。

↓その時に残したメモ
「生活のために必要なタスクをこなすことで、自然と幸せのホルモンが分泌される機能が、身体には元々備わっている。
太陽の光を浴びる、生き物とコミュニケーションを取る、その他諸々。
発達した文明の利便性は、この機会を奪う。だって、太陽の光を浴びなくても屋内で仕事ができるし、会話なんてしなくても生命の危機にはならない。
文明の発達に肉体が追いついていないっていうのは、こういうことだ。脳の中で産み出された「情報」だけが、独り歩きしている状態。
だから、現代に生きる人間は、幸せを見失いやすい。幸せという感覚にしぶとく食らいついて、それが何なのか見極めなければならない。そうしないと、わけのわからないことをしだす。」
最近興味のあるトピック、「狩猟採集生活」「原始人の暮らし」とここで繋がった。ここから「資本主義に代わる新しい経済圏」の話まで持っていくこともできそうだ。
俺は、その時に興味があることをただ一過性で調べたり考えたりしているだけで、特に全体を意識することもないんだけど、あえて俯瞰して見てみれば、多分「生きている感覚」を目指しているんだと思う。音楽とか、旅行とかでも、エネルギーの源は常にそこにある。そうして考える中で、色んなことが繋がっていく。
一つの答えとして、「身体性の欠如した生活に生命はない」というのにたどり着いた。

12時過ぎに横須賀に到着。前から気になっていた「海軍カレー本舗」という店で海軍カレーを食う。
確かにうまい。元祖カレーライスだけあって、日本人の舌に最も馴染む味、という感じだ。温かみと上品さを併せ持っている。
でも、これで1300円ってぼりすぎじゃね?と思った。しょうがない、「名物」と化した商品は、みな一様にこのような運命をたどるんだ。
味は確かだったが、もう二度と来ることはないだろう。お腹いっぱいにならないし。頑張って家でつくろう。

三笠公園猿島までの乗船券を買う。一人1500円。待ち時間、観光案内の看板を読もうとするが、眩しすぎて無理だった。今日、日差しが強くてなかなか暑い。
平日の昼間なので、どうせ猿島に行く人なんてじじいとばばあが3人くらいだろと思っていたけど、案外混み合っていた。30人以上はいた。
船に乗り込み、動き出したと思ったら、もう目的の島が目の前に見え始める。思っていたよりだいぶ近い。これ、頑張れば泳いでも来れるんじゃないか。夜中に侵入する奴とかいないんだろうか。帰りの船に乗らずに、森の中に隠れてる奴とか。

猿島は、東京湾内にある唯一の無人島で、過去は海軍の重要な軍事拠点だった。島内にはレンガ造りの軍事施設などが今も残されていて、国史跡に指定されている。
周囲1.6kmで、全部見て回るのに大体60分くらい。
トンネルのあるエリアは、高い塀の上に木立が生い茂っていて、桟橋らへんの日差しの強さが嘘のように、涼しくて心地よかった。
昔の軍人がこの道を歩いている姿を想像し、タイムスリップしたような気持ちになった。木漏れ日がゆらゆらと揺れていて、幸せを感じた。
ラピュタの世界観とか言われてるらしいけど、それは別に思わなかった。
階段の登り下りがやたらと多くて膝に負担がかかった。
2000年前の貝塚が発見されたという洞窟を見て、弥生時代の人間の暮らしに思いを馳せた。どこまで行っても都市がない、というのはどんな気分だろうか。洞窟のそばは、海の匂いがした。
そんなこんなで、ちょうど60分で島内を一周できた。秋の散歩には、疲れすぎることもなく、ちょうどいいくらいの時間だったように思う。自然も豊かで、歩いていて気持ちよかった。こういう年寄りくさいデートが好きだ。写真もたくさん撮った。
帰りの船は一時間に一本の間隔。戻ってみると、行ってしまったばかりだったので、休憩所みたいなとこで昼寝したりした。あとネアンデルタール人について調べたりした。
15:45の船で横須賀に戻った。

ちょっとお茶してから帰ろうってことで、喫茶店を探す。駅前の商店街の中に小ぢんまりとした喫茶店を見つける。名前は忘れた。古びていて、ちょっとお洒落で、アットホームな雰囲気。漫画がたくさんある。お店の人もものすごく愛想がよくて、居心地がよかった。
俺はアッサム、奈緒ははちみつレモンティーを飲んだ。18時頃町田に帰ってきた。TSUTAYAで戸田真琴というAV女優がおすすめしていた映画「ナイト・オン・ザ・プラネット」を借りて帰った。ヨシとオールドヒッコリーでピザを食べた。