日報

もしくは遺書

乳母車に乗った老婆

何故頑張らなければいけないんだということだけれども、冷たい影が地面に張り付いている、その震えを見ろ、醜い震えを。バンジージャンプ。 気分が悪い。お似合いの快楽なんていらない。怒れ。何をしてもいい。言い訳をするな。場所が悪い。空間が淀んでいるから。突然死ぬ。つまらない日差しになる。迫ってくる。女の一番嫌いな部分。居酒屋の店先で吐瀉物にまみれているだけの人。街は何のためにあるのか。国を殺したい。ミサイル発射。簡単すぎる。目の前にあるものをすべてなぎ倒したい。覚悟を決めるしかない。何故頑張らなければいけないのか。君は何を言っているのか。君を守りたいとしか思えない。ミサイル発射。2ちゃんねるで爆発しろと言われた。ミサイル発射。うろうろしてごめんなさい。ぐずぐずしてごめんなさい。まんこから生まれた僕ら。何もかも遠のいていく。避けられている。君の目の光が希薄になってくる。吐きそう。ぎゅうぎゅうに詰まっている。すべてのビルの中に働いている人がいる。資本主義の精神。空気が青い。小間切れの時空間。オリンピックとテロリズムのようなものに変質。床が開いて首に縄が食い込む。何を見ればいい。高速で回転しすぎ乙。馬鹿は馬鹿を殺せばいいし頭のいい人間は頭のいい人間を蹴落とせばいいさ、知るか、俺はこの震動を感じ続けて、体幹で、体感し続けて、保育園にいく、心の保育園、この世界には花を植える人がいる、花を植える人の花を植える精神だけを称賛したい、でも花を植える人だってテレビを見ながら軽々しく言葉を吐いて、そういう風に地球が回転して、最高だけど最低だ、生まれてきてよかったのに、残念だ。受け止め方で検索する。全部便所の落書きでしかなかった。当たり前すぎる。だから俺自身も高速で回転しすぎ乙。残念だ。まんこから生まれてきたとはいえまんこによって創造されたわけじゃない。そういうことを今考えてる電車の中で、そしてそれを誰かに言いたい、たまらない。ふざけるなよ、目を覚ませ。好きな小説の好きな登場人物に向かって喋る、叫ぶ、俺は諦めない、何一つ諦めない、生きていることは楽しすぎる、やりたいことがありすぎる。俺は一人になる。プライドを壊したい。おしっこがしたい。鳥が飛ぶ姿が完璧だ、人間の歩く姿は完璧だろうか、俺は今明確に朝を行っている。そんなに花になりたいならなればいいじゃん。空中事故、水中ちんこ、存在が掠れていくように金閣寺になった、わけがわからないときに生きていることを実感する、いっそ無限に細分化していきたい、君のことも、君の家族のことも、ハンバーグにしたい、大声で叫びながら河原を駆け抜ける経験をしたことがあるから常に光っていないと気が済まない人間になってしまった、怒りで壁に穴が空くし、その暗い黒の中に、勃起した太陽を突っ込んで、誰とも仲良くなりたくないと強く望んだ中学生時代のことを少しも忘れていない、残響音のような存在になりたいと思う時もたまにあるけど、大体全部人の目とか気にしてない、だって棒だし、傷についてしか興味がないから。そういった特殊な領域にちょっとだけはみ出た時、興奮する、感動する、宇宙飛行士になったような気分になるし、多分実際にそうなんだろう、言葉なんて何の意味もなくなる、街なんて今すぐなくなっていい。だからオリンピックに出よう欲望がはみ出したまま走りだそう人に迷惑をかけまくろう。害虫を捕らえる罠が木に巻かれていて、あの中に俺がいるかもしれない。