日報

もしくは遺書

本物の幸せを味わうと体調が悪くなってしまう

脳みそに踊らされている。黒い雲がもくもくと吹き出て青い空を汚すという妄想だし、その土地では独自の宗教が発展していて、そんな様子が奇妙だが愛しい時がある、どこにでも行きたい。末端から手足が冷えきって、ぼくの中のぼくはもう穴から出てくる気配がない、筋違いの世界線の微かな震えを関知しても、別に俺関係ねぇし、別に。少女を破壊するという妄想だし、ぼくが君を壊したんじゃなく世界が君を壊したのだ、プラスチックなハートがパキパキってきまっていく、魂に葉脈のような亀裂が。びっくりしながら感情を停止させていく、そのスイッチが手探りでわかる、切り替わる、色が変わる、目や耳や皮膚を超越した感覚。感覚ってのはやっぱほら意識に直結してるわけだから、ぼくはそれを電動ドリルのように高速で回転させて穴を空けるよ、その穴から何が見えるか試してみようと思って、その穴に入ったりその穴を通過したりできるか試してみようと思って。重力に抵抗するぼくの中の反乱分子が細胞液を汚染するのがわかる、その方法っていうのが独特なんだ、ぼくは評価するよ、ぼくを悲しみの底に突き落とす、身体中がぎごちなくなっていく、逆立ちすることに慣れた、友達をなくすことに慣れた。癌と話してみたいと思う、人生について。菌と話してみたいと思う、居場所や、ふるさとについて。ふるさと論について。寝ている間にフライアウェイ、宇宙の中にいるぼくは宇宙の外に行きたい、それか大気圏に突入したい、それかブラックホールと仲良くなりたい、それかあの子の涙を拭きたい。ジェットタオルになって吹き飛ばしたい。嵐を呼ぶ子供になりたい。世界征服だ、俺が本物のGoogleだ。足りないんだね、何もかも、ぼくは同情する。奇形児になって超能力を使う。破壊衝動でスプーンを曲げる。目の裏に黒い模様が現れる、咳をする、咳をしている自分に同情する、お金を使う、使いまくる、人間を買う、霊長類の子孫を買いまくる、豪邸を建設して半分壊して住む、廃虚マニアだから、風が冷たいと思う、季節を感じる、受動的な受動、向こうからくる、勝手にくる。とりあえず解き放とう、とりあえず生まれ変われ、人生を全く雑に扱って、これ以上ないくらい尊大に振る舞う、自転車に乗りながら大声を出す、流れていく風景は原色で、たまらない密度、前前前世の思いですらぼくを苦しめる、君は雌で、天を仰ぐ、メロディアス。ハッピーアワー始まりましたこんにちは!ドーナツの穴に突き刺しまくる無益な、保管場所がなさすぎるし、光ファイバーは光より遅いということがバレた、不可思議すぎるから死ぬしかなくなってくると思ったら大間違いだ、生きろ。民衆をざわつかせろ。しかし、本物の幸せを味わうと体調が悪くなってしまう、本当に狂うしかなくなった人の証言がこちらです、実験動物のようなあどけない自信なさげな挙動で、あなたは通過する、風が吹いてくる、馬鹿みたいに、そよそよしやがって、目を開けろ。巨大だ。犯罪者しかいないんだよ、ぼくの檻の中に、復活を待っている、皮膚を震わせる大音量と冷たい風、弱い光、見えるか見えないかくらいが最高です、率直に言って。太陽をぶち犯せ。お母さんもぶち犯せ、次から次へと、流れるように。退屈な午後に、そのありふれた奇跡を、流れるように、捨ててく、そして山で遭難する、帰り道を喪失する、深刻な顔付きになって、切迫、誰もいない、記号だけ。やわらかい線に変わるんだ。天才だから。不老不死だから。それは安心だ。喜びを甘んじて受け入れる。そして恐怖を与える、より根源的な恐怖、遺伝子の中に情報として古から受け継がれてきたもの、弾けて広がる、領域を拡大していく、白と黒がもしあるとするならば、とても綺麗だろう、その模様は、意識に直結した視覚情報は、ぼくたちをロボットに変える、天然ロボトミー、それは内在されているし、不安だ、不意に閉じ込められていると思う、全く無関係にそう思っていく、被害妄想が暴発しそうになる、その後射精しそうになる、顔面が歪んでいく、たくさんの皺が魂に刻まれる、誘惑は終わらない、トンネルは続いていく、本格的に終わっていく。だらしがない。ついへたりこんでしまった時、虫が身体の中に入った、だけどぼくは、愛していると伝えたい、そんなに重要ではないのかもしれない、けれど、ぼくは、美味しいご飯のことを思い浮かべてみる、あちこちで秩序が乱れている、そしてお洒落だと思う、剥がれ落ちていくその剥がれ落ち方が、たまらなくセクシーで、虚無だ、虚無はお洒落じゃない。虫が悪魔的な囁きをする、ぼくは動揺しない方法を学んだ、幽霊になる、若い肉体が日々学びを続ける、ゲロの中にぼくがいる、トンネルを出たり入ったりしまくる、しまくるよ、狂おしい胸の中の破片をもっと押し潰して、全身が破裂するくらい激しく、揺れる。獰猛なアメーバが周囲の風景をすべて飲み込みながら話している、何か言葉のようなものを口走って恥ずかしそうに引っ込んでしまったけれど、ぼくは、何を思えばいいのか教えてもらいたくてシンプルな質問をした、牧師は、シンプルな顔付きをして、落ちていく、足元に突然黒い穴があいて、何故かというと、ぼくが周りをよく見ていなかったからだ、どうしようもない。他人といるときだけ惜しげもなく自己を解放できる。さみしい。いい色をしたフィルター。オナニー三昧の休日。最後はみんなクラゲになる、つまり、透明になって光る。しかも空で。めっちゃ良いじゃん。