日報

もしくは遺書

プラスマイナスゼロはやはり身体に悪い

あれ、そんなにも高い。マナーモードにしたかどうか気になる。虎の入った檻の中の生活。一瞬だけ幸福になる。夜を泳ぐ喜びのサイレンの悲しみの、もうごちゃごちゃうるさいし、朝に起きろ。ふざけた夢が河原を駆ける、遠くで子供がかけがえないこの時をそつなくこなしている。魅力的な眼差しが。ノートの中は真っ黒け、脳みそはいつだって真っ赤ロケット。目を開けたまま死んでいるおじいちゃん、死んだ後はどこに行くんだろう、誰か。ころころ転がる可愛い岩が命を巻き込んで災害みたいなことになる、ラジオをつけなくちゃ。携帯電話を携帯しなくちゃ。曇って冷たくなっていく、神様の居場所が、今じゃすっかり改行もしなくなって、非常に読みにくい、というか誰も知らない、形もない。だけどわかりやすいアイスクリーム溶けっぱなし。欲しいという気持ちを刺激し続ける装置を脳に装着している、半袖の子供、冬なのに、明らかに。風が過去を運んでくる、もはや生まれる前に戻った。1990年代、それ以前、昭和の遺物。だって生きた化石がその辺に転がっているから、蹴飛ばすわけにもいかないから、かと言って優しくもできないけど、とにかく言葉が変化する。七色の光を放って変幻する。この中に、誰か大事な人はいませんか。校庭で大声を出して雲の国まで届こうと思っている野球部。関係ないことを気にするのは人間の悪い癖だと宇宙人に言われたけれどうるさかった。緑が足りない、圧倒的に。街路樹のレベルじゃない、あんなのはなめている。もっと包めよ、虫を恐れるな、何故虫を恐れるんだ。斧でかち割りたくなる形をしているし苛々している人もいるし。パーティーを享受し続ける愚かな形たちが。あの道を歩いて。あの。苦しい車がぶんぶんふざけたスピードとリズム感で切り裂いて。必ず壊れるものの前で、優しさに包まれたなら、柔らかく弾力のあるものを抱きしめたい。生活は続く。いつも限界を突破している気持ちでいるから。明らかに言葉なんてものは必要ないし夜を泳いで酔ったイカみたいな生物が、友達になろうとして、見たり触ったり、する。彼方からこの足元まで何かがシュレディンガーの猫状態のまま、だけどそれはそれでいいよね、わかってほしい。案外つまらないものたちが阻害。今日ぼくはこの形で細かい空間を渡っていくのはとても難儀だ。飛ぼう。俺がミサイルだ。夢から覚めて無から迎えに来たもやもやしたもの、実体のなさそうなものというか音と話してた。窓辺で意思疎通を図れない奴と外の雨を見聞きしていた。宇宙ってどんなところなのか質問してみたけど。意味ない。シャキッとしろもやし。家がなくなっていく。幾つも、幾つも、消滅していく、小さな、小さな。ジャンプ力をください、文明を凌駕する。落っことすビー玉。乱反射するプリズミング、異例の数値に大の大人がわくわくしっ放しで、朝食も食べずに飛び出した。時間を戻せるとしたら、大多数の人間は正気を失って常軌を逸してしまうから、言わないだけだよ。骨組みだけが一番綺麗で、関係ない機能を乱用した悪魔が、このままでいいと、つまり、そそのかしているのか?鳴らす音はいつも完璧じゃない。熱狂を信じない。行間が消滅する。白い人が白いまま鬼ばかりの世間を渡るんだが、それを見ている夜の使者、お腹がすいている、かなり。栄養が足りていない、かなり。何が足りないんだろう。次は何を建設すればいいんだ。静かに発狂していく。億千万の影の揺らめきが、住まいを探している、住居から住居へ。曇り空のことを忘れずに。地球を侵略する。悪い奴だ。殺してもいい人間だ。何かの病原菌が感染して蠢く。端から端まで蠢きが感染していく。ピクピクだらしなく震えている、君までそんな風になってしまって。ぼくは風邪をひいていた。揺りかごに揺られて直感的にわかっていることを。誰かぼくに話しかけてください。餌。餌。地獄から蘇った跳ね回る魚。新鮮な。スーパーマリオブラザーズ。トーキョースカイツリー。聖なる静かな箱の中で思考停止できる時間を待ちわびて今日も元気を出している、影たちが、引きちぎる、なんとなく。何気なく流れる靄のように、不安げに。調子が良くも悪くもない、プラスマイナスゼロはやはり身体に悪い、わずかながら。それとなくバグっている。異次元の入り口が街中に溢れていて、もう何がなんだかわからないけれど、シャットダウンしたら楽しくなった。この虚無感を払拭するために、今から目の前で人が死んでくれたらいいと思っているよ。俺はそれを悲しく思うだろう、とても痛ましい気持ちになって。本当はずっと眠っていたいのかもしれない。細胞を散らす空に。ロールシャッハテストを受けている。不穏当な発言。飛び跳ねる思考が集中して渋滞している必ず止める、お外で遊ぼう、お外で殺そう。肝心な君は空を見上げて、雨が降れば溢れ出す声たくさんの地獄日和の。並べただけの記号から立体的なVR的な、見たくないものまで再現される。そう、再現。記憶を再構築すること。どっちつかずのおばさんが歩いていく、あの町は今日も止まっているようで、地球は高速で回転しているのに。関係ないよね、だってこれから壊すから、そのままにしておいた物事が路上に立ち現れて寂しそうな声で露骨に。無理矢理強い力で元に戻される感じ、つまり何らかの反する意志。微弱な灯りが眩しくてしょうがなかった、影のようになる自分自身を抱きしめるなんて気持ちが悪いことができなくて、ただゲロを吐き続けているだけなんて面倒臭い。速く歩かないと潰されてしまうから、後ろから棘のついた壁が迫ってきてHPが赤くなる。疲れたの?話しかける。何でもいいけどもういいや、その頭に突き刺して刻み込む、乱暴に乱雑に、その情報。情報化社会。グローバリズム。さぞ気持ちが良いだろう。温泉に入る。誰もいないところに行きたいなんて無理、身体がそうさせない。そしてまた不穏な空気が流れ始める。静かな爆弾の雨だ。恐ろしいのは自分自身ではないのか、でもその先は線がごちゃごちゃとしていて面倒臭いからアルバイトをし続けている。金が欲しいという嘘偽りない真実の心。心を持っています。愛は地球を救い続けている。だけど破壊し続けてプラスマイナスがゼロになってそれは身体に悪すぎる。